無念0%※伊勢~高野を繋ぐ聖域の守護【国家公認】熊野古道の母

庵 紀慧 > 監修者紹介

監修者紹介 庵妃慧

庵妃慧(あんきけい)
三重県南牟婁郡生まれ、東京都在住。熊野三山の一つ「熊野速玉大社」の下、和歌山県新宮市で過ごし、四十歳にして「なにか」を求めて東京へ上京。

その後1984年には占いの勉強を始め、1988年には行学一致で自宅で寺子屋式に占いを教え始める。1993年、読売文化センター恵比寿、大森、NHK学園新宿スクールと三つの教室で占い講師を10年間務める。2003年、カルチャー講師を退き、個人授業に専念、現在は、自宅兼教室で個人的に後輩を指導する。

その他、紹介者に限り「個人鑑定」を行っている。 著書に『生き永らえて 辿り着いた占いへの道(2000年、文芸社)』『宿命百占学(2015年、文芸社)』がある。

占術紹介

■宿命百占学
「その人の宿命を、1つの占術だけで判断するのではなく、いろいろな角度から、多くの技法を使って表現できれば……」
その後、「庵妃慧」が長い年月をかけて作り上げたのが、この独自の占術「宿命百占学」です。

この占術の基礎となる「時空学」で、まず人の宿命を大きく6つに分けます。さらに、この6つはそれぞれ(+)(-)とに分かれ、合計12種類になります。

また、たとえば「ミステリー子丑」の人の中に子年か丑年生まれの人がいたとすると、これは特別に「時空の人」と呼び、特別な宿命を持っている方たちなので これらをすべて合計すると24種類の宿命があるということになります。

宿命は“信じる・信じない”ではなく、“知る・理解する”ということが大切です。 それは、自分の持っているエネルギーを知り、バイオリズムを知り、健康や仕事、人間関係、自分を中心とする問題や心の動きなど、あらゆることを解読するということです。